新宿でED治療薬を処方してくれたクリニックとの出合い

評判が良くED治療の実績も豊富なクリニックへ

評判が良くED治療の実績も豊富なクリニックへ / ED治療を始めて / ED治療が上手く行った要因

新宿で仕事をしていた私は、何時の間にか男性機能を損ねていると気が付きました。
丁度その頃は仕事仕事の毎日で、私生活を疎かにしたり自分のことを後回しにしていました。
今まで自分を放ったらかしにしていたことで、まるでツケが回ってきたかのように、このような事態になったと思います。
命に直結する問題ではないものの、男としての自信を失うのはまずいと感じ、恥を忍んでED治療の先生に相談しました。
結果はやはり男性機能の低下で、原因は恐らくストレスによるものだと診断されています。
一方の治療法は処方薬によるもので、薬を飲みながら回復を目指しましょうと励まされました。
当時の気持ちを正直に告白すると、萎えに萎えたこの状態が本当に回復するのかと、一度強い疑念に囚われています。
しかしその新宿のクリニックは評判が良く、ED治療の実績も豊富だったので、信じて処方薬を飲み始めることにしました。
ただその時は彼女がいなかったので、薬の作用を本番で試すことはできませんでした。
お恥ずかしい話ではありますが、しばらくはいわゆるセルフでトレーニングを行いました。
少しずつ持続時間を延ばして自信を高める、これが治療を成功させる為の鍵だと新宿の先生は私にそう言いました。
クリニックで診察を受ける場合は、何時も雑談混じりに世間話をしたり、仕事の状況や精神的な状態が尋ねられました。

姐さんの嘘は笑って許すのがワタクソの(ry
次回ライヴは8月26日(土)に新宿WildSideTokyoでヤります♬今からシフトを御調整下さい☆そしてワタクソのED治療大作戦を(ry

— 超兄貴 (@drumtics) 2017年7月10日
今思えば初診の際も同じで、それが先生なりの気遣いややり方であったり、ED治療を成功に導く方法なのだと気が付いています。
男性機能の低下は、私のようにストレスが強く関わっているケースが多いので、念入りにカウンセリングを行う場合が多いそうです。
ただ私を担当する先生は、あまりカウンセリングという感じではなく、むしろ自然体で接してくれたのが好印象です。
薬を処方する時も、使い方の情報や注意点以外で、特に口うるさく言われたことはありませんでした。